音読劇で学ぶ英会話

2019年1月12日(土)に2回目の音読劇で学ぶ英会話ワークショップがありました!

参加者は日本人生徒さんと、アメリカ&ベトナム出身の海外メンバーさんたち。

まずは緊張感をとくためにストレッチや瞑想からスタート! 身体を伸ばしたり、深い呼吸をしたら気持ちが落ち着いてきます。

 

Greg先生は大学の時TED-Edにも出演したそう!表現力豊かに指導する先生☝

ペアワークやグループワークを重ねて、全員の前でさあ発表!

☝フランス人のかわいい奥さんと日本人のだんなさん役という設定で、Osaさん(左)&Thomasさん(中央)が演技。勤務中に、「車の事故を起こしたから助けに来て!」と奥さん。「上司に外出許可をとらなきゃ」とだんなさん。

My car has broken down by the side of the road.
(私の車が道路の横でエンストしちゃったの。)

このセリフをさらりと言うのに苦戦していたOsaさん。
「ワークショップでは英語で言いにくいセンテンスを何度も練習できるのがいいですね」とコメント。
あと、「場面に適した英会話が習えるのがいいと思いました」とも。

確かに普段の生活でエンスト起こした!というのを英語で言う場面に出くわすってないですもんね。

☝日本語を学ぶGabyさん(アメリカ出身)。「やったー」を飛び跳ねて表現!

来月の「音読劇で英会話」は、2/16(土)の夕方in 神戸で実施予定です。
ホームページでお知らせするのでチェックくださいね。
短い会話をゆっくり練習するので英語初級の方も楽しく参加できます ^^

☝はビジネス英語ロールプレイの様子。アメリカ、イギリス、台湾、ベトナムのメンバーさんたちと学習しました。

「注文した食事の手配がまだこないとお客様から怒りの電話が!注文をとった担当がうっかり明日だと思っていた。さあこの場をどう切り抜く?」

「もう待てないお客さんに対して、直ちに確認して折り返すことを英語でこのように伝えて」と教えてくれるAnnaさん(イギリス出身)☝

その後もメンバーさん同士でベストな対応を議論。

聞いている私もすごく参考になりました ^^

次のビジネスロールプレイは1/29(火)の夕方です。詳しくは「イベント」ページを見てね。(英語力中級以上対象)