Osa Explores Entrepreneurship in Boston

1.Osaさんは海外での起業家研修プログラムに参加されました。そこで得た経験や学びをぜひ教えてください。

昨年(2019年)の3月、日本の大学が主催するEntrepreneurship Bootcampに社会人枠で参加させていただきました。2週間、アメリカ・ボストンのハーバード大学やMITなど複数の大学に訪問し、そこで様々な講義を受けたり、参加した人とチームを組んで起業家・ベンチャーキャピタルの方に対して実際にピッチを行ったり、フィードバックを受けたりしました。

参加したのは日本人の学生と、日本の大学に留学しているアジアを中心とした方々で、19歳〜40歳ぐらいの方がいました。
▲実際にウン十億円の投資を受けている起業家からの激励のメッセージ。

約10日間のプログラムで毎日朝から深夜まで講義・チームディスカッションなどを行い、大変でしたが充実して非常に刺激的な毎日でした。観光する時間も全く無く、深夜にホテルの前にあるバーに行ったり部屋で飲んだりするのが唯一の楽しみでした。笑

▲授業後〜深夜まで、毎晩本当にこんな感じです。

具体的な中身はさておき、「海外のメンバーと一緒に何かに取り組む」という経験は自分はあまりなかったので、プログラムを通して以下の点について特に意識が変わりました。

(1)英語ができるのは当たり前?
基本的に終始英語でしたが、留学生メンバーは全員英語がとても上手で、みんな臆することなく話していたので、英語で会話をするのは当たり前なんだな、という気持ちになりました。
それまでは「(正しい)英語ができるようになる」ということが目標でもありましたが、それよりも、英語を使ってどうするか?どうなりたいか?ということをより意識するようになりました。そのため、今は完璧に正確な英語を話せなくても、考えが相手に伝われば、それでも良いかなと思っています。(もちろんより正確に伝えたいので勉強していきますが、、)

そこの意識づけは、当たり前のように思いますが、考え方が変わるだけで英語に対する姿勢も本当に変わると思います。

▲人前で自分の考えを話す機会が多かったです。人前で話す、という行為は、考えを整理して、伝わるように話す必要があるので、すごく学習に効果的だと思いました。

(2)積極性
とはいえ英語ができるだけではダメで、積極的に発信・行動することが大事だと思いました。チャンスを掴むためには、自分から行動しないと掴めないと実感する日々でした。
初日から全員の前で自分のビジネスアイデアを1分で説明し、それをもとに興味関心が似ているメンバーとチームを組むのですが、早い者勝ちのため、自分から動いて「この人いいな」と思うメンバーを誘わないといけず、躊躇っている時間はありませんでした。
ディスカッションではやはり日本人が少し消極的で、海外メンバーはどんどん意見を発言していました。しばらく黙っていると、「あなたはどう思うの?」とすぐに聞かれました。
チームで一つのアイデアを確立して行きますが、気になったことや曖昧なことは最初のうちに方向修正しないと、アイデアがある程度固まってからフィードバックをもらうときに「そもそも初めの考え方が違うんじゃない?」と言われ最初からやり直すことが何回もありました。最初のうちにお互いの意見は出し切っておくべきだと思いました。
一番衝撃的だったのは、起業家の方が集まる交流会があってそこに参加したのですが、「俺のアイデアを聞いてくれ!」とそこらへんの人を捕まえて、至る所でピッチがされていました。実際に投資家の人に声をかけて、名刺交換をしているメンバーもいました。

▲交流会の様子。ピッチされ中。

(3)学ぶことに遅すぎることはない!
同い年(当時29歳)の海外メンバーや年上の人達も留学をされていて、海外では社会人になってから留学や大学院に行って学び直すこともよくあるんだなと思いました。私も以前からぼんやり考えていたものの、もう遅いかな、とあまり真剣に考えていませんでしたが、本気で留学も考えるようになりました。

▲1回目のピッチ後、講師のフィードバックを受けて、2回目に向けて作戦会議中(左:エジプト出身、右:ポルトガル出身の同年代)

2.英語力をどのように今後の夢に活かしていきたいですか。

海外のメンバー(できれば海外で)と一緒に仕事をしてみたいと思っています。また、勉強したいことも出てきて、留学もしたいと思うようになりました。勉強したい分野は海外の方が取り組みが進んでいることと、色んなバックグラウンドを持つ人と何かをしてみたいので、海外の大学院に行ったり、仕事をしたいと思っています。

2年ほどで英会話力を素晴らしく向上されましたが、そのコツや秘訣を教えてください。

色々な勉強法があると思いますが、とにかく「継続」が大事だと思っています。
元々飽き性なので、そこが自分の課題でした。そのために、楽しんで取り組めるような工夫しています。定期的に試験(今は英検)を受けて、自分のモチベーションを保ったり、好きな海外ドラマのDVD BOXを購入してみたり、あとは一人で勉強していても楽しくないので、海外メンバーと交流する機会を持つようにしています。
どれが近道かはわかりませんが、自分が楽しいと思う方法で続けるのが一番大事だと思います。

4.英語学習で大事にしている学習習慣は何ですか。

毎日英語に触れるようにしています。
机に向かってテキストを勉強するだけでなく、ふと気になった言葉を英語で何ていうか調べてみたり、スマホを英語設定にしたり、ネットで調べるときは英語で調べてみたり(実際情報量が多かったりするのでおすすめです)、独り言を英語で言ってみたり、、、
なるべく、英語を勉強するというより、英語を使うことを心がけています。


5.英語が上達して楽しいなと感じる時はどんな時ですか。

海外のメンバーとより深い会話が出来て自分が知らないことや学びを得たり、単純に笑いあったりすることが楽しいです。
最初は言いたいことがなかなか伝わらなかったり、英語を長時間聞いているだけでもしんどくて、よくわからないまま会話が進んでいったりすることが多かったですが、今では会話にもついていけるようになり、相手に色々質問したり意見を言ってみたり、英語で長時間会話しても抵抗がないようになりました。正直、上達しているのか自分ではよくわかりませんが、ストレスなく会話できるようになると、どんどん楽しくなってきました。
あと、コメディショーなどでみんなと同じタイミングで笑えた時も嬉しいです。笑

▲サプライズで誕生日のお祝いもしてくれました!

【スクール紹介】

国際学習交流コミュニティ aStep
aStepは国際交流を通した英語&日本語学習を提供しています。学んだことを実際の国際交流で活かしていきます。日常英会話からビジネス英語まで、そして個人から企業向けに幅広いイベント、プログラム、レッスン、そして英語研修をご用意しています。レッスンや学習交流はオンラインで日本全国から参加が可能です。